パラオ旅行・格安オプショナルツアーならパラオスタイル

首都マルキョク


マルキョク州 (Melekeok) は、パラオ共和国の州の一つ。首都マルキョクを含み、パラオ最大の島バベルダオブ島の東海岸に位置する。面積は28平方キロメートル、人口は391人(2000年)。旧首都であるコロール(コロール島)とは海を挟み KBブリッジで結ばれ、約25キロメートルの距離にある。
1981年に施行したパラオ共和国憲法に「暫定的な首都をコロールに置き、(憲法発効から)10年以内に恒久的な首都をバベルダオブ島に指定すること」と明記されていたが、計画は進まずに放置されていた。1999年にクニオ・ナカムラ前大統領が遷都計画を立案し、台湾からの借款により議会などの建物が建設され、憲法発効から25年経った2006年10月1日のパラオ共和国独立記念日に、コロールから遷都した。

海沿いの集落から少し離れた丘の上に議会 (OEK)、行政、裁判所の三権の最高機関や大統領府などが立地している。
ミクロネシア最大の淡水湖であるガルドック湖(493 ヘクタール)があり、そこにはイリエワニが生息している。

首都マルキョクに関連する情報

他のブログの引用記事

パラオの首都マルキョクについて書かれたクチコミブログの引用情報。

上へ